マズローの欲求5段階説

マーケティングや心理学でよくその理論が出てくる「マズローの欲求5段階説」。

人間性心理学の分野に大きな功績を残したアメリカの心理学者アブラハム・マズロー。
彼が唱えた、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものが「マズローの欲求5段階説」である。

maslow

上の図の通り、その5段階とは、ピラミッドの下から

1.生理的欲求(Physiological needs)
2.安全の欲求(Safety needs)
3.所属と愛の欲求(Social needs / Love and belonging)
4.承認(尊重)の欲求(Esteem)
5.自己実現の欲求(Self-actualization)

となっており、5つの欲求が並列に並んでいるのではなく、下から5段階に進んでいくことを示している。

下の段階の欲求で満足してしまうと、上の次元の欲求を持つことができない。
逆に上の次元の欲求を持つと、下の次元の欲求では満足できなくなる。

マーケティングとは人を動かすこと。
人を動かすためには人の心を動かさねばならない。

そういう意味で、この人の欲求の在り様を示した理論は興味深いのである。